脳・生活習慣に関するご相談

脳神経外科(脳血管疾患) 医療相談

水谷 徹医師
  • 昭和大学脳神経外科学講座 主任教授
水谷 徹(みずたに とおる) 先生
主な経歴
  • 東京大学医学部卒業
  • 東京大学付属病院救急部
  • 都立墨東病院脳神経外科、麻酔科、救急センター
  • 総合会津中央病院 脳神経外科
  • 日赤医療センター 脳神経外科
  • 公立昭和病院 脳神経外科医長
  • 都立府中病院 脳神経外科部長
  • 都立多摩総合医療センター 脳神経外科部長
  • 昭和大学病院 脳神経外科主任教授

脳神経外科(脳血管疾患) 医療相談で出来ること

  • 出血性疾患(脳動脈瘤、解離性脳動脈瘤)、脳虚血性疾患(脳梗塞、頚部頚動脈狭窄)など脳神経外科に関する相談
  • 脳血管疾患における画像診断・治療相談などの説明・セカンドオピニオン・病院の紹介など

水谷 医師からのコメント

多くの手術において安定した結果を出すためには、 "安全、確実" が何より大切だと考えています。 20数年間にわたり脳動脈瘤、頚部頚動脈狭窄、バイパス術などの脳血管障害の手術治療、良性脳腫瘍の手術を中心に取り組んで参りました。主に脳動脈瘤の開頭手術、頚部頚動脈内膜剥離術、脳血管バイパス術、脳動静脈奇形、良性脳腫瘍の手術を得意としており、実績など詳細は昭和大学脳神経外科ホームページもご覧ください。脳動脈瘤は血管内治療と開頭の両方の治療がありますが、画像や病歴を詳細に分析し治療方針について親身になってアドバイスをすることが出来ると思います。また治療や手術が必要であれば医療機関、医師をご紹介させて頂きます。

水谷 徹医師

水谷 医師プロフィール

専門資格

日本脳神経外科学会認定医/日本脳卒中学会専門医/日本脳神経外科救急学会評議員

領域

脳血管疾患は、脳動脈瘤(くも膜下出血の原因)を中心とした出血性疾患、頚部内頚動脈狭窄症や、もやもや病を中心として虚血性(脳梗塞、一過性脳虚血発作)などが中心です。

脳動脈瘤、解離性脳動脈瘤、頚動脈狭窄、脳動静脈奇形(AVM)、脳腫瘍、もやもや病、など

業績

20数年間にわたり脳動脈瘤、頚部頚動脈狭窄、バイパス術などの脳血管障害の手術治療、良性脳腫瘍の手術を中心に取り組んでまいりました。脳動脈瘤の開頭手術、頚部頚動脈内膜剥離術、脳血管バイパス術、良性脳腫瘍の手術を得意とし、解離性脳動脈瘤については遠来からの紹介も多いのが特徴です。2012年に昭和大学病院脳神経外科に異動後も昭和大学病院グループ全体の統括責任者としてご活躍されております。

ご予約・お問い合わせ

医療機関 じあいクリニック渋谷〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-29-17 JR東日本ホテルメッツ渋谷2F
担当医師 水谷 徹
ご案内
受診までの流れ
  1. ホームページやお問合せにて担当医を選んでください。
  2. 日程を調整いたします。
  3. 完全予約制のため当日お待たせすることなくじっくりお話ができます。
  • ※主治医の承諾・紹介状・画像不要
  • ※画像は当院のMRI/CTで当日実施可能
  • ※必要に応じて病院の紹介可
責任者
理事長:

沼口 雄治

経歴:
  • 1966年 長崎大学医学部卒業
  • 1967年 九州大学 放射線科入局
  • 1982年 米国チューレン大学 放射線科教授
  • 1988年 米国メリーランド大学 放射線科教授
  • 1994年 米国ロチェスター大学 放射線科教授
  • 2001年 聖路加国際病院 放射線科部長
  • 2006年 聖路加国際病院 放射線科特別顧問
  • 2018年 医療法人社団放栄会 理事長、現在に至る。

費用について

当医療相談(セカンドオピニオン)は保険診療ではありませんのでご注意下さい。
※医療相談は自由診療となっております。 ※検査は、所見があれば保険診療も可能です。

脳神経外科(脳血管疾患) 医療相談 - 水谷 先生

相談費用 55,000円(税込)
相談時間 30分間

会って話せる医療相談(セカンドオピニオン)の特徴

  • 症状に合わせた先生を、ご自身で選び診察料のみでご相談頂けます。
  • 当セカンドオピニオンは、主治医の承諾、紹介状が無くても実施可能です。
  • MRI/CTなどの画像診断が当院で出来るため「当日検査・当日診察」 が出来ます。
  • 対面診療は、早い段階で実施できるようご日程調整させて頂きます。
  • この対面診療のために、ご自身で選んだ先生が皆様のためにお越し頂きます。
  • また、セカンドオピニオンの上、必要に応じて病院のご紹介も行います。※但し、外来前より病院紹介のお約束は出来ません。

特集記事

解離性脳動脈瘤の治療に従事してまいりました

水谷 徹

水谷 徹医師

脳動脈瘤は、血管が枝分かれしている部位にできる「嚢状動脈瘤」が多いのですが、三層の膜でできている動脈の内部が裂けてはがれ、層の間に血液が入りこぶ状になった「解離性動脈瘤」ができることもあります。 嚢状動脈瘤はくも膜下出血を起こすことが多いのに対して、解離性動脈瘤はくも膜下出血のほか血管をつまらせて脳梗塞を起こすこともあります。

治療方法も異なり、解離性動脈瘤の治療には開頭手術で動脈瘤のできた血管をふさぐ方法、血管内治療で動脈瘤の内側にコイルをつめて破裂を防ぐ方法がおこなわれます。 脳動脈瘤の開頭手術は確立された治療法ですが、脳の血管はいろいろな神経の近くを走っているので、これを傷つけてしまうと神経まひなどの合併症が起きてしまいます。水谷先生は合併症を低くおさえるために、術中モニタリング(手術中に神経などの働きを確かめること)や3D画像を使った手術前のイメージトレーニングに力をそそぎ、合併症の出現率をおさえることに尽力しております。