口内・歯・あごに関するご相談

歯科口腔外科 医療相談

古賀 陽子医師
  • 東京女子医科大学病院 歯科口腔外科学講座 口腔顎顔面外科学分野教授
古賀 陽子(こが ようこ) 先生
主な経歴
  • 日本大学松戸歯学部歯学科 卒業
  • 東京大学大学院医学系研究科外科学専攻 卒業(医学博士)
  • 国立国際医療センター研究所 細胞組織再生医学研究部 流動研究員
  • 東京大学医学部付属病院 救急部・集中治療部
  • 東京大学医学部付属病院 顎口腔外科・歯科矯正歯科
  • Department of Cell&Developmental Biology, Cornell University Weill Medical Collegeポスドク
  • 東京医科大学 歯科口腔外科分野准教授
  • 東京女子歯科大学歯科口腔外科学講座 口腔顎顔面外科学分野教授

歯科口腔外科 医療相談で出来ること

  • 顎変形症、唇顎口蓋裂、インプラント、顎顔面外傷、口腔ケア、歯科口腔外科全般に関する相談
  • 口腔外科疾患における画像診断・治療相談などの説明・セカンドオピニオン・病院の紹介など

古賀 医師からのコメント

口腔(こうくう)領域疾患は、人間の生命維持に大切な「食べる」という機能に大きく関わるだけでなく整容的改善をも強く求められる領域です。前職の東京医科大学では、私が特に得意としている咬合再建の中でも顎変形症(顎の発育障害による骨格的な歯のかみ合わせの異常)の手術を行って参りました。顎変形症、のう胞、腫瘍などの口腔外科全般の全身麻酔・局所麻酔の手術を通じて一人でも多くの患者さんの口腔機能回復に携わり、患者さんの笑顔を取り戻せることに喜びを感じています。お悩みになっている口腔疾患の診断、治療方針を患者さんと同じ目線に立ち、分かりやすく説明し、一緒に解決できる方法を考案します。

古賀 陽子医師

古賀 医師プロフィール

専門資格

口腔外科学会認定口腔外科専門医・指導医

日本口腔科学認定指導医

日本再生医療学会認定再生医療認定医

日本有病者歯科医療学会認定医

日本口蓋裂学会認定師(口腔外科分野)

歯科医師臨床研修指導医

領域

歯科口腔外科では歯、口、顎骨の疾患の治療を行っています。口腔外科、がん治療、歯科インプラントなどの専門医が所属しており、親知らず(智歯)の抜歯や歯根のう胞の摘出手術、顎変形症、口唇口蓋裂、歯や口の中の外傷、顎の骨折、歯が原因の炎症、口や顎の腫瘍、口腔癌などの診断と治療を専門的に行っております。歯科矯正は矯正歯科専門医が行っており顎変形症などは手術を併用して治療いたします。睡眠時無呼吸症の治療において、睡眠科などと連携して口腔内装置の作成を行っています。

顎・口腔外科疾患
腫瘍(良性腫瘍、癌など)、嚢胞(歯根嚢胞や顎嚢胞など)、炎症(歯や顎骨、頬部、頸部など)、外傷と骨折(歯や顎骨、口腔・顔面など)、顎変形症(歯列不正や顎の変形・非対称)、顎関節疾患(顎の痛み、開口障害など)、口腔粘膜疾患(口内炎、白板症など)、唾液腺疾患(口腔乾燥、唾石症など)、神経疾患(神経痛、神経麻痺など)、血液疾患(白血病、血友病など)、睡眠時無呼吸症候群、シェーグレン症候群
口腔・顎顔面インプラント
歯や顎骨、顔面(目・耳など)の欠損
業績

複雑な形状を示す顎・顔面骨の変形や骨欠損に対する外科的再建術には基礎的な再生医療研究が必要であると考え東京大学大学院に進学、医学博士を取得後、アメリカコーネル大学の基礎研究室の門を自ら叩き約3年半の留学を経て、東京大学および東京医科大学で実績を積み、東京女子医科大学の教授に45歳の若さにて就任された古賀先生。

女性ならではのアプローチとリサーチマインドをベースとして口腔疾患を科学として捉え、科学に裏付けられる治療を心掛けている。常に患者さんの目線に立ち、満足がいくまで徹底してインフォームドコンセントを行い、お互いが納得のいく治療方針を立てております。

また、手術方法にも拘り、患者さんの細かな病態に合わせたオーダーメイド治療を可能としており、常に先を見据えた治療を心がけております。

ご予約・お問い合わせ

医療機関 メディカルスキャニング 東京〒103-0027 東京都中央区日本橋3-1-17 日本橋ヒロセビル2F
担当医師 古賀 陽子
ご案内
受診までの流れ
  1. ホームページやお問合せにて担当医を選んでください。
  2. 日程を調整いたします。
  3. 完全予約制のため当日お待たせすることなくじっくりお話ができます。
  • ※主治医の承諾・紹介状・画像不要
  • ※画像は当院のMRI/CTで当日実施可能
  • ※必要に応じて病院の紹介可
責任者
理事長:

高木 誠

経歴:
  • 1979年 慶應義塾大学医学部卒業
  • 1984年 東京都済生会中央病院 内科医員
  • 1987年 ニューヨーク州モンテフィオーレ・メディカル・センター神経病理部門留学
  • 1993年 東京都済生会中央病院 内科医長
  • 2002年 東京都済生会中央病院 内科部長
  • 2004年 東京都済生会中央病院 副院長
  • 2006年 東京都済生会中央病院 院長
  • 2020年 東京都済生会中央病院 名誉院長
  • 2020年 医療法人社団水聖会 理事長、現在に至る。

費用について

当医療相談(セカンドオピニオン)は保険診療ではありませんのでご注意下さい。
※医療相談は自由診療となっております。 ※検査は、所見があれば保険診療も可能です。

歯科口腔外科 医療相談 - 古賀 先生

相談費用 55,000円(税込)
相談時間 30分〜60分間

会って話せる医療相談(セカンドオピニオン)の特徴

  • 症状に合わせた先生を、ご自身で選び診察料のみでご相談頂けます。
  • 当セカンドオピニオンは、主治医の承諾、紹介状が無くても実施可能です。
  • MRI/CTなどの画像診断が当院で出来るため「当日検査・当日診察」 が出来ます。
  • 対面診療は、早い段階で実施できるようご日程調整させて頂きます。
  • この対面診療のために、ご自身で選んだ先生が皆様のためにお越し頂きます。
  • また、セカンドオピニオンの上、必要に応じて病院のご紹介も行います。※但し、外来前より病院紹介のお約束は出来ません。

特集記事

細かな病態に応じたオーダーメイドの顎変形症手術で良好なかみ合わせの提供と患者満足度を追及

古賀 陽子

古賀 陽子医師古賀 陽子医師

口の中に病気が無い時は「食べること」は当たり前であり何も気にすることなく生活をしています。しかし、かみ合わせが不正な場合や口腔がんに罹患した場合はご自身のQOLが明らかに低下します。このように口腔疾患は生命維持に関わるだけでなく視覚的に病態を捉えやすいため整容的な改善も強く求められます。私は、一貫として口腔外科のメジャーサージェリー(主要な手術)といわれる「咬合再建」を目的とした顎変形症治療、口唇口蓋裂治療、デンタルインプラント治療を主軸に診療を行っております。

大学卒業後から15年間は東京大学で多種多様の口腔疾患、特に先天疾患の治療に携わった症例・治療を経験しました。6年前に、東京医科大学に異動してからは特に専門としており近年需要が非常に高い顎変形症関連治療に重点を置き、細かい病態に応じたオーダーメイド治療を行って参りました。

患者さんと同じ目線に立ち、向き合い、親身になった治療法を考え、提供することをモットーに診療しております。小さいお悩みでも気軽にご相談していただき解決の一助となれれば幸いです。相談しにくい女性の方のお悩みにも少しでもお役に立ちたいと思います。